MODE JAPAN IoT Seminar イベントレポート

2019-10-09

Event


2019年9月20日に、MODE2周年を記念してMODE JAPAN IoT Seminar を開催致しました。
当日は、出席率80%という高出席率且つ盛況の内に終了し、用意したお酒もケータリングもすべて消化致しました。
次回はもっとたくさん用意しておきます!ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!

以下、当日の模様をお届けします。

 

■Beyond IoT & MODE Update

IMG_3453
まずは、弊社COO上田学から。今までとこれからのIoTについて

Webマーケティングを生業としている私にとっては、「Web上でのリアルタイム把握がリアルでも行われたら・・」というのに一番未来を感じました。現実世界のすべてがクラウドに集められて、マーケティングオートメーションみたいに一元管理できたら・・・考えられないくらいの選択肢が広がっています。お話した資料はこちらからダウンロード可能です。是非ご覧ください。


shinoda
続いて、2019年のProduct Updateについて、エンジニアの篠田からご説明。

本パートは技術的なお話がメインとなります。エンジニアブログにてMODE エンジニアの武田がトピックをご紹介しています。
エンジニアブログMODE JAPAN IoT セミナー 開催レポート 
また、発表資料はこちらよりダウンロード可能です。

 

■パートナー企業によるパネルディスカッション

IMG_3473
株式会社神戸デジタル・ラボ 取締役 村岡正和様

テンポのいい関西弁で非常におもしろい引き込まれる内容でした。
村岡さんのIoTの歴史が「40人に対して2つのトイレ、これじゃあ不便、なんとかしよう」というところから始まったというのは、驚きでした。そして、「集めたデータを分析すること」がValueに繋がるというのも非常にわかりやすかったです。
また、MODE Labsにおけるパートナーシップ締結についてもお話いただきました。
プレスリリース:シリコンバレーでIoTプラットフォームを開発する 米MODE社とパートナーシップを締結


 

■2名のユーザー企業のご担当者が登壇

IMG_3490

スズキ株式会社 馬場一樹様
テーマは、「スズキの挑戦 交通事故のない世界へ」

馬場様は、シリコンバレーにて新規事業開拓を行ってらっしゃいましたが、2019年から日本に戻られ、スズキの将来を開拓中とのことです。集めたデータから見えてくること、そこからのフィードバックで救える命。
具体事例の一部として、こちらのスライドをご覧ください。
ご登壇ありがとうございました。

 

morisan

パナソニック株式会社 モビリティ事業戦略室 事業戦略課 森 俊彦様
テーマは、「IoTを活用した新規事業開発」
暮らしの中のさまざまな場面に関わっているパナソニック様だからこそのソリューション開発についてお話が伺えました。

また、プレゼン冒頭で経産省との有志活動D-Labのご紹介もありました。下記にリンクを記載しております。
シリコンバレーD-Labレポート第三弾:シリコンバレーから見えてきたMaaSの世界
ご登壇ありがとうございました。

 

■IoTビジネスのポイント

IMG_3531

最後は、MODE JAPANの顔、上野聡志
帳尻を合わせるため10分間で早口でのご説明となりました。


その後、懇親会を終えて1本締めで終了。
ユーザの皆様と、まだMODEをあまりご存じでない皆様と、合同での2周年記念イベントでしたが非常に盛り上がった会になったのではないかと思います。

次は3周年記念イベントを開催すべく、今後ともMODEを宜しくお願い致します。