「MODE ROBOT CLOUD」発表のお知らせ

2020-06-11

サービスロボットの開発・運用をサポートし、開発におけるイニシャルコストを削減できる、ロボット向けの本格的なクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」を2020年6月11日(木)に発表いたします。

 image2
 
 
image4

 

■「MODE ROBOT CLOUD」の特長

堅牢でスケールするロボット向けクラウド基盤

MODEのセンサーデータ収集や車両からのデータ収集の技術、高頻度データの収集技術を凝縮しました。データの到達保証はもちろん、データの活用までサービスロボットを開発・運用するために堅牢でスケーラブルなクラウド基盤を提供いたします。


開発コストと時間の削減

サービスロボットをゼロから自社で開発する場合、初期投資として莫大な資金と時間が必要となります。そこで月額サービスの「MODE ROBOT CLOUD」をご利用いただくことで、サービスロボット開発に発生するイニシャルコストと時間を削減することができます。


簡単なハードウェアとのつなぎ込み

MODEで提供している、LinuxSDKやAndroidSDKを利用し、ROSやAndroidなどの基盤にインストールするだけでデータの収集を開始いただけます。また工場や建設現場などで中央集約装置がある場合は、MODE IoT Gatewayを利用しデータを一括して収集することも可能です。

 

シンプルで分かりやすいダッシュボード

シンプルで分かりやすく快適な、操作性の高いダッシュボードをご用意いたしました。こちらのアプリケーションはカスタマイズ可能で、お客様のビジネスに応じて使い分けることができます。ロボットの状態は、ロボットのIDやステータスから確認できるほか、GPSから取得した位置情報をもとに地図上からも選ぶことができます。


image1

※画面はサンプルのため、実際の製品と異なる場合がございます。



■「MODE ROBOT CLOUD」開発の背景

サービスロボット市場は2025年までに1,025億米ドル(約11兆2300億円超)に達すると言われており(グローバルインフォメーション MarketsandMarketsより)少子高齢化による人手不足などだけではなく、COVID-19への対応や5Gの発展によりサービスロボットの活躍が期待されています。しかしサービスロボットの開発ではハードウェアだけなく、ハードウェアから組み込みソフトウェア、クラウドまで複数の技術分野をカバーしなければならないため、プロダクト提供まで莫大なコストと時間がかかってしまいます。

MODEでは今まで培ってきたデータ収集技術をサービスロボット向けに提供し、ロボットメーカー様や保守運用会社様の課題解決を行いたいと考えサービス提供をいたしました。

 

■「MODE ROBOT CLOUD」の使い方・利用シーン

ロボットメーカー様と保守運用会社様のいずれの業態でも、エンドユーザーへの製品保守やトラブル対処に対応可能です。高度に権限管理ができるため、ロボットメーカーによるリアルタイムでのデバッグ用データの収集、複数拠点でのトラブル管理や保守運用会社様による中央管理型のモニタリング、さらに現場作業者とのサポートツールとしてご利用いただけます。

 

「MODE ROBOT CLOUD」の主な機能

- ロボットのシステム構成や認証などの管理

- ロボットステータス監視とメンテナンスタスク管理

- サービスロボット開発のためのAPI

- ロボットクラウドとロボットの連携の為のロボット用SDK提供

 

■「MODE ROBOT CLOUD」サービス詳細

https://www.tinkermode.jp/solution/mrc/

 

 

News Blog Top へ