センサークラウド ゲートウェイラインナップ強化のお知らせ

2020-11-12

MODE SENSOR CLOUDに対応したゲートウェイ(以下、G/W)の拡充を行い、Intel NUC7とRaspberry PiのG/Wの提供を開始致します。

image3
 

 

■ 今回新たに対応するゲートウェイについて

Intel NUC7
現在MODEの提供している室内用ゲートウェイ Intel NUC5の後継機として、Intel NUC7の提供を開始致します。
NUC5同様に様々なセンサーが同時に稼働する様に動作検証を行い、MODE IoTゲートウェイとして提供しております。

Raspberry Pi

低価格で広く普及しているシングルボードコンピューター、RaspberryPi上でMODE Gateway softwareが動作するようになりました。これによりMODE SENSOR CLOUDをご利用のお客様はご自身でRaspberryPiをご購入いただき、MODE Gateway softwareをインストールすることで、極めて低コストでのIoTゲートウェイの運用が可能になります。

 

■ ゲートウェイのスペックについて

 

Intel NUC7

Raspberry Pi

型番

NUC7CJYH

Raspberry Pi 3 B+

プロセッサ

Intel Celeron® J4005 (2.0GHz to 2.70GHz burst, dual core, 10 W TDP)

Broadcom BCM2837B0, Cortex-A53  (ARMv8) 64-bit SoC  1.4GHz

HDD

32GB SSD

16GB or larger micro SD card

メモリ

4GB DDR4 SO-DIMM 1.2V 2666MHz

1GB DDR2

グラフィック

Intel UHD Graphics 600 2x HDMI 2.0a

Broadcom VideoCore IV HDMI

ネットワーク

Gigabit Ethernet ,  Intel® Wireless-AC 9462 + Bluetooth 5.1

Cypress CYW43455  2.4/5GHz 802.11b/g/n/ac, Bluetooth 4.2, 300Mbit Ethernet

I/O

4 USB 3.0 ports, 2 USB 2.0 internal ports

4 USB 2.0 ports, 40 pin GPIO

外寸

115 x 111 x 51mm

93.5 x 62.7 x 27.5mm (in case)

電源アダプター

AC125V/7A

Micro USB Power cable



■ MODE Gateway Softwareについて

MODE Gateway Softwareは100台以上のセンサーを同時に接続した状態でも、高い安定性とデータの到達を保証するソフトウェアです。MODE Gateway Softwareは高いポータビリティを実現することを念頭に開発されているため、ハードウェアリソースの制約の厳しいローエンドのハードウェアを含め、あらゆるLinux環境で動作することができます。また、Android版ゲートウェイソフトウェアにより、業務端末として使われているスマートフォンやタブレットを使ったデータ収集システムの構築も容易です。

 

image1-Nov-11-2020-05-40-02-60-AM

 

■ 提供方法

MODE SENSOR CLOUD ソリューションのHPよりお問い合わせください

https://www.tinkermode.jp/solution/msc



 

 

News Blog Top へ