株式会社アシックス様におけるIoTソリューション 「MODE Sensor Cloud」活用事例公開のお知らせ

2021-06-15

この度、MODE Sensor Cloudをご利用いただいている、株式会社アシックス様の活用事例を公開しました。

 

課題・背景

  • シューズに内蔵できる小型BLEセンサ「TUNEGRID-Cube」を使ったデータ収集用IoTプラットフォームが欲しい。
  • クラウドシステムに繋ぐための、ゲートウェイ選定などIoT構築の全体像が分からない。
  • データを収集してフィードバックするタイプのソリューションは、自社の価値観に合わなかった。

 

導入効果

  • MODEではIoT開発全般を網羅するプラットフォームがすでに用意されていたため、ITに詳しくなくても開発を進めることができた。
  • 結果として、システム開発が早く完了し、スピーディな事業の立ち上げにつながった。
  • IoT技術を使ったフィードフォワードの取り組みが、自社の考え方に合致していた。

 

■ 導入企業コメント(事例紹介ページより抜粋)

image1-2

「最初からフィードフォワードのことを想定して話されたのがMODEだけだったんですよね。IoT技術を使ってデータが取れますよ、だけじゃなくて、IoT技術を使ってフィードフォワードの取り組みができる。他のところとは違うMODEの強みはそこですよ。それをより精度を上げるためにデータを収集するシステムがあるんですよ、と明確に打ち出されていたんです。」

 

■ IoTソリューション「MODE Sensor Cloud」について

MODE Sensor Cloudはさまざまなデバイスやセンサーからデータを収集し、リアルタイムでのデータ活用を可能にするIoTパッケージソリューションです。MODE Sensor Cloudでは柔軟に対応できるゲートウェイソフトウェアにより、あらゆるセンサーを簡単に接続することができます。また充実した開発者向け機能も提供しており、自社のセンサーとの接続や、計算処理を行うことも可能です。
(『MODE Sensor Cloud』: https://www.tinkermode.jp/sensor_cloud/