MODE IoTプラットフォームにおける外部システムへの連携、大幅強化のお知らせ

2021-09-13

MODE IoTプラットフォームにWebhooksの新バージョン(Webhooks v2)を、2021年9月13日(月)より追加致しました。これにより専用サーバーを設置することなく、APIを公開している任意システムとの連携が可能になります。

image3-3

 

【URL】https://www.tinkermode.jp/core_iot_platform

 

機能追加の背景

 

これまでのMODEがご提供していた外部クラウド連携機能は、一般的なwebhookとして提供されていたため、MODEが定義した独自の形式でのみデータ送信が可能でした。お客様が利用する外部クラウドシステムはそれぞれ固有のAPIが用意されていることが多く、これらの2つのAPI間での形式の差を吸収するカスタムシステムが必要になっていました。

MODEでは多様なビジネスオペレーションにサーバーレスで対応できるよう、連携の柔軟性の高い方法として、API公開をしている様々なコミュニケーションツールに対応できる機能をもったwebhookへとバージョンアップをいたしました。



「Webhooksの新バージョン」の特徴

・APIを公開している任意システムとの直接連携

MODE IoTプラットフォームが、SlackやLINEなどAPIを公開している任意のコミュニケーションツールが指定する任意のデータ形式を生成することができるようになり、MODE IoT プラットフォームとコミュニケーションツールとがサーバーレスで直接データ連携できるようになりました。

専用サーバーが不要となったことで、それに付随する導入、開発コストをゼロにすることができます。

 

<コストが抑えられる項目の例>

  • サーバーの設置、初期設定
  • フォーマットを変換するプログラムの開発費、時間
  • サーバーの維持費
  • サーバーのメンテナンス




・MODEの各ソリューションに対応

本機能は、MODE IoT プラットフォームの機能の一つです。MODEでは代表的なユースケースに合わせたソリューションをご用意し、すぐにお使い頂けるようになっています。MODE IoTプラットフォームは、各ソリューションの共通基盤のため、お客様がどのソリューションをお使いでも、本機能をご利用いただくことができます。

 

image1-4

使い方・導入方法

MODE IoTプラットフォームの初期設定にてご利用いただけます。詳細は以下URLのマニュアルをご覧ください。

https://dev.tinkermode.com/platform/console-manual/webhooks




 

 

News Blog Top へ